魅惑のブレンドで多彩な香りの紅茶を楽しむ

紅茶は茶葉にほかの材料の風味を加えると新たなおいしさがあらわれる不思議な飲み物です。
オレンジやリンゴにはじまり、ピーチやキャラメルなど現代では多彩な香りの紅茶が登場しています。
これらを主にフレーバーティーと呼び、ポピュラーなアップルティーはリンゴの皮を似た熱湯で紅茶を淹れる自家製であれば、美肌によく、味の完成度や手軽さなどを考えるなら市販の商品は魅力的です。
茶葉のみでリンゴの姿が見えないものは厳密には香りだけで、リンゴ味はしないのですが、いれるのが簡単なので茶葉の量と蒸らし時間を抑え目にしながらさっと楽しみます。
乾燥リンゴがブレンドされたものはポットで蒸らして味と香りのバランスを調整していくのです。
また、ベーリベリーは茶葉の味と芳香、果実の味と芳香、4つの要素すべてを楽しむ現代のフレーバーティとなっています。
そして、フレーバティーにはフレーバーとブレンディッド、センテンドの3つに分類されており、それぞれの特徴にあわせて楽しむことが可能です。

紅茶の味と香りを損なわない保存方法は?

紅茶の茶葉の保存方法が分からない方、保存の仕方が悪くて味や香りがとんでしまったという方は、次のことに気をつけて保存しみてください。
まず第一に茶葉は室温に保つことが大切です。
茶葉は温度変化に弱く、痛みやすいため温度変化の少ない場所におくようにしましょう。
第二に空気に触れさせないことです。
茶葉が空気に触れると香りが飛んでしまうので、密閉できる容器にいれるようにしましょう。
第三に湿度の高い場所は避けることです。
湿度の高いところに保存するとカビがはえる原因になるので、風通しの良い場所に保管しましょう。
第四に茶葉が紫外線を吸収しても紅茶の味や風味を損なってしまうので、直接日に当たらないようにすることも大切です。
最後に茶葉は、匂いを吸収しやすい性質を持っていますので、冷蔵庫など他の食品の近くにおいておくと、匂いが移ってしまい、本来の香りを損なってしまうので気をつけてください。
以上のことを踏まえて、おいしい紅茶を楽しみましょう。



$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

Valuable information

2017/7/20 更新

Copyright (C) 2009 「ホッとひととき」All rights reserved.